2013年05月03日

ラベンダー(エッセンシャルオイル)

こんにちはnature15

オーストラリアの家庭には、エッセンシャルオイル「ラベンダー」「ユーカリ」「ティートリー」は常備されているといいます。日本でいうところの「オロナイン」「メンソレータム」「マキロン」「ムヒ」「ヴェボラップ」のようなものでしょうか。

今日はラベンダーのちょっと知っ得情報をお伝えします。

ラベンダーといえば、ちょっとした火傷をした時、しっかり冷やした後に原液を塗布すると水ぶくれや火傷跡を防ぐのに一役かうことは有名ですよね。

「アロマセラピー」という言葉を初めて使ったフランスの化学者、ガットフォセ氏自身も、実験中の事故で火傷を負った時、とっさにその場にあったラベンダーオイルを塗ってその効果に驚いたことが「アロマセラピー」を極めるきっかけになったといいます。

そのラベンダーオイルですが、シールを剥がした跡に残るしつこい紙の断片を取り去るのに使えることをご存知ですか?

「地」が紙などオイルが染み込んでしまう素材だと無理なのですが、ガラスやプラスチックの場合は使えます。

直接剥がしたい紙の断片にラベンダーオイルを1滴か2滴垂らして、ティッシュペーパーかコットンでこすってもいいですし、逆にティッシュペーパーかコットンにオイルを数滴染み込ませてこすってもいいです。

ラベンダーオイルは、数少ない「原液が直接皮膚についても大丈夫」と言われているオイルですが、かなり濃厚ですので、できるだけ皮膚に直接つかないように気をつけてください。もしついてしまったら、しっかり洗い流してください。

剥がしきれない頑固なシール跡に残念な思いをした時、ぜひお試しをface29




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ラベンダー(エッセンシャルオイル)
    コメント(0)